トップページ熱流体事例分野別事例その他例PHOENICSを用いた数値解析によるSteel薄板加熱炉のPerformance改善

PHOENICSを用いた数値解析によるSteel薄板加熱炉のPerformance改善

概要:Steel薄板加熱炉においては、温度の均一性が非常に大事であるため、炉内の流れ、温度分布、化学反応を調べる必要があります。今回の解析は、炉内の流れ、温度分布、化学反応等をPHOENICSで数値解析し、また、炉内のBlock Wallの設置位置などをパラメーターにして、加熱炉のPerformanceを調べました。

計算仕様:3次元定常乱流流れ、直行座標系

計算格子数:31×39×69=82212、標準k-ε乱流モデル、Extended Simple Chemically-Reacting System(ESCRS) composite-flux radiation model

・Flow Pattern and Gas Temperature Distribution

Gas temperature distribution

Gas flow pattern in the furnace

along longitudinal furnace, cross burners in the heating zone

PHOENICSを用いた数値解析によるSteel薄板加熱炉のPerformance改善

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999