トップページ products

///// PDF3D /////

熱流体解析とは■PDF3D

Adobe社によって開発された3D情報を含んだPDFファイルで、3次元の3DモデルをPDF上で対話的に操作することができます。
”Adobe Acrobat Reader”で表示することで、以下のことが可能になります。
◎3次元の形状をマウス操作で回転、移動、拡大、縮小
◎一部の部品のみを取り出して表示する
◎外側の部品を非表示にして内部を見る
◎マウスによるピックで距離を計測する
◎3次元のアニメーション表示


■■"PDF3D" 製品ラインナップ■■

◆PDF3D PV+

可視化ソフト"ParaView" に3D PDFの出力機能を追加したソフトウェアです。 "ParaView"で作成した3次元形状データを直接3D PDFに出力します。
現在表示している可視化の3次元ビューを3D PDFファイルとして保存することができます。
Microsoft Word、PowerPoint、Excelで、予め文章内に3次元形状の表示領域を指定してPDFに出力し、その後、『PV+』で その領域に3次元形状を埋め込むことも可能です。
・対応OS: 64bit Windows / 64bit Linux Redhat 7
・ParaViewの対応バージョン:5.5.2

◆PDF3D ReportGen

80種以上のフォーマット(IGESやSTEP,VRMLなど)の3D形状ファイルから3D PDFファイルを作成するデータ変換ツールです。 Microsoft word、PowerPoint、Excelで、予め文章内に3次元形状の表示領域を指定してPDFに出力しその後、ReportGenでその領域に3次元形状を埋め込むことも可能です
・対応OS: 32/64bit Windows

 
 
自由表面ながれ解析結果の可視化
(アニメーション)
機械部品
<ReportGen + プログラミング>
歯の矯正シミュレーション
(アニメーション)
 
【”PDF3D サンプル”の試用方法】
各サンプルをクリック表示した後、自身のPCへ”ダウンロード(または、保存)” してお試し下さい。
尚、ご試用には ”Adobe Acrobat Reader” が必要です。
     
   
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999