3次元熱流体解析ソフトウェア 「PHOENICS」
世界で初めて、汎用熱流体解析(CFD)ソフトウェアとして開発、リリースされた3次元熱流体解析ソフトウェア『PHOENICS』は、熱流体解析のパイオニアコード(プログラム)として知られています。 Cut-Cellテクニックにより、格子生成作業はほとんど不要のためモデリングも非常に容易に行えます。また、熱流体解析ソフトウェアとしての高機能、高品質、高操作性を追求しつつ圧倒的な低価格を実現しました。  さらに、蒸発/凝縮、凝固/溶融など、潜熱を考慮しながら詳細に計算するような高度な二相流解析も可能です。並列計算に関しても構造格子の特徴を活かし、ハイパフォーマンスな性能を発揮します。

2016.04.18 「第27回 設計・製造ソリューション展 (DMS東京)」 に出展します。

2016.03.31 4月の「セミナー情報」をアップしました。

2016.03.04 3月の「セミナー情報」をアップしました。

2016.01.25 2月の「セミナー情報」をアップしました。

2016.01.04 1月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.12.01 12月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.11.12 11月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.10.01 10月9日に『PHOENICSユーザーカンファレンス2015』を開催。

2015.10.01 10月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.09.01 9月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.08.01 8月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.07.01 7月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.06.18 getdata_xがBFCに対応しました。

2015.06.01 6月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.04.30 5月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.04.01 『PHOENICS Ver.2014』 リリース

2015.04.01 第26回 設計・製造ソリューション展 (DMS) 出展決定!

2015.04.01 4月の「セミナー情報」をアップしました。

2015.03.13 流体解析ソフトPHOENICSの基礎式についてアップしました。

2015.03.02 今月の「セミナー情報」をアップしました。

2014.11.25 CHAM 東京支店が移転しました。
2014.10.10 PHOENICS ユーザーカンファレンス開催
2014.06.25 第25回 設計・製造ソリューション展 (DMS) 出展
2014.04.01 『PHOENICS Ver.2013』 リリース

ログイン

2016.04.13 (水)  CVD解析 紹介セミナー

2016.04.14 (木)  CFDworks 紹介セミナー

2016.04.14 (木)  PHOENICS 流体解析実践セミナー

2016.04.21 (木)  PHOENICSハンズオン・セミナー

CFD基礎講座

 


2016.04.13 (水)  CVD解析 専門講習

2016.04.21 (木)  関西地区ユーザー個別相談会

 

 

 

 



環境・土木 建築・空調/配管 自動車・ターボ機械 航空・宇宙 電気・電子機器 エネルギー・原子力 ナノテク・応用物理
環境・土木 建築・空調/配管 自動車・ターボ機械 航空・宇宙 電気・電子機器 エネルギー・原子力 ナノテク・応用物理
半導体・燃料電池   化学プロセス   医療・スポーツ   高分子・化学工学   鉄鋼・冶金   その他
半導体・燃料電池 化学プロセス 医療・スポーツ 高分子・化学工学 鉄鋼・冶金 その他
カットセル   乱流   圧縮性流体   非ニュートン流体   自然対流   2相流(沸騰・凝固)   燃焼・爆発
カットセル   乱流   圧縮性流体   非ニュートン流体   自然対流   2相流(沸騰・凝固)   燃焼・爆発
化学反応   CVD   自由表面・表面張力   粒子挙動   プラズマ・電磁場   固体内応力   曲線座標系
化学反応   CVD   自由表面・表面張力   粒子挙動   プラズマ・電磁場   固体内応力   曲線座標系
拡散   回転体   移動境界                
拡散 回転体 移動境界

◆熱流体解析と「PHOENICS」=========================================================
初めに、熱流体解析は、気体や液体の流れに伴う流速や圧力、温度などの変化に関して数値計算を行い、可視化をする技術のことです。
この熱流体解析技術によって、例えば製造、開発分野では、製品の大きさや形によって流体の流動抵抗や圧力損失(圧損)等を予測したり、

また熱によるその製品内部の部品に与える影響の予測や熱耐久性等を計算して冷却装置の配置や安全性の検査などに使われています。 
「PHOENICS」は、世界で最初の3次元汎用熱流体解析ソフトウェアとしてリリースされました。
以来30年以上の間、熱流体解析のグローバルスタンダード・ソフトウェアとして、設計開発、研究開発、教育等の各分野において数多くの実績を積んできました。  熱流体解析ソフトウェアのPHOENICSは、様々な機能により、熱流体解析の知識がなくても高度で複雑な計算が、とてもリーズナブルな価格で実現ができます。  また、日本ではこれまでに1000ライセンス以上の販売実績があります。