トップページ熱流体事例分野別事例その他例CFDを用いたヨット帆の数値計算

CFDを用いたヨット帆の数値計算

概要:Unversity of AucklandはNew Zealand America's Cup組織のため、帆の操作を研究しています。 このグループは風洞実験ではなく、PHOENICSを用いて、数値解析も行っています。

計算仕様:2次元計算、BFC格子(FORTRAN PRGRAMでデザインした帆の形状をBFC格子に変換する)、groundを使って、Inletの速度分布、帆に関わるPressureを設定しています。

分野:Sports

Lift and Drag on the Mainsail - CFD

CFDを用いたヨット帆の数値計算

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999