トップページ 熱流体事例 > 分野別事例航空・宇宙例 気泡水柱内の気ー液2相流のモデリング

タイトル:気泡水柱内の気ー液2相流のモデリング          

概要:

  • 気泡水柱(バブルカラム)中の2次元2相流(気泡と水)解析
  • 円筒座標系
  • バブルカラム寸法 : 直径 = 0.138 m 、高さ = 1.37 m.
  • 相間の運動量の交換は、標準抗力曲線に従うものとした
  • 気泡によって誘発される乱流現象は、κ-ε乱流モデルで表した

要点:

  • このバブルカラムはHillsによって研究されたもので、測定値は高さ0.6mにおける
    ものである。
  • このバブルカラムの初期状態は水で飽和されている。空気は基底部から注入され
    上端部の液体表面から流出する。
  • 定常状態に至るまで非定常計算を行った。
  • 気泡流入速度:0.038 m/s
  • 気泡径:7.5mm

結果:

1.HILLS BUBBLE COLUMN: 水の速度ベクトル図

2.HILLS BUBBLE COLUMN: 気泡の速度ベクトル図

3.HILLS BUBBLE COLUMN: ボイド率コンター図

4.HILLS BUBBLE COLUMN: Z=0.6mにおける水の速度の計算値と測定値

5.HILLS BUBBLE COLUMN: Z=0.6mにおけるボイド率の計算値と測定値

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999