トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例航空・宇宙例通気攪拌取鍋内2相乱流のモデリング  

通気攪拌取鍋内2相乱流のモデリング               

概要:

  • 取鍋内の2次元2相流(気泡と水)解析
  • 円筒座標系
  • 運動量交換の計算は、歪気泡の抗力相互関係[dirty-water](Kuo,Wallis)を用いた
  • 気泡によって誘発される乱流現象は、κ-ε乱流モデルで表した
  • PHOENICSの2相流モデル、IPSAを使用した
  • 取鍋のガス流動解析は、ガス除去と硫黄処理のような冶金のプロセスで実用的な
    重要性をもっている

要点:

  • これらの流れは実験的及び数値的にJohanssen(1988)によって研究されたものです。
  • 取鍋は高さ1.237m、直径1.016mです。
  • 空気は中央に置かれた直径0.05mのプラグから610cm**3/sで流入します。
  • 取鍋を上昇する気泡流は、2相間(水と気泡)の運動量の交換のために、水の時計
    回りの循環流を誘発します。
  • 気泡の直径は3mmです。
  • 格子数:20(半径方向)×30(縦軸方向)

結果:

気泡によって乱された水の速度ベクトル図

気泡によって乱された水の z/H=0.505 における速度のプロファイル

気泡によって乱された水の z/H=0.903 における速度のプロファイル

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999