トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例航空・宇宙例 鉛直管内気泡−水の2相乱流のモデリング

タイトル:鉛直管内気泡−水の2相乱流のモデリング

概要:

  • パイプ内の2次元2相流(気泡と水)解析
  • 円筒座標系
  • 相間の運動量の交換は、標準抗力曲線に従うものとした
  • 気泡によって誘発される乱流現象は、κ-ε乱流モデルで表した
  • 放物型計算のオプション機能を使用した
  • 計算は下流側のZ/D=35の地点まで行った

要点:

  • これらの流れは実験的にSeriwaza[1992]と Lahey [1992]によって研究されている。
  • レイノルズ数はSeriwaza、Laheyの、液体の物体表面近傍速度の実験に基づき
    それぞれ80,000 50,000とした。
  • Seriwazaのケースの計算では流入境界の気泡の速度は0.077m/s、液体の速度は
    1.36m/sとし、一方Laheyのケースの計算では気泡の速度は0.1m/s、液体の速度は
    1.08m/sとした。
  • Laheyのケースでは、圧力降下は実測では9.3[kN/m**3]であり、PHOENICSの計算
    では9.5[kN/m**3]であった
  • 実験とPHOENICSでの計算結果から壁面近傍ではボイド率が高くなることが分かる。

結果:

1. Seriwaza pipe flow:z/d=35における液体の軸方向速度分布
2. Seriwaza pipe flow: z/d=35におけるボイド率プロファイル
3. Lahey pipe flow:z/d=35における液体の軸方向速度分布.
4. Lahey pipe flow:z/d=35におけるボイド率プロファイル

1.SERIWAZA PIPE UPFLOW: z/d=35における液体の軸方向速度分布

2.SERIWAZA PIPE UPFLOW: z/d=35におけるボイド率プロファイル

3. LAHEY PIPE UPFLOW: z/d=35における液体の軸方向速度分布

4. LAHEY PIPE UPFLOW: z/d=35におけるボイド率プロファイル

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999