トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例燃焼・爆発事例損傷を受けた燃料棒の熱流動解析

損傷を受けた燃料棒の熱流動解析

概要:

・3次元の熱輸送を含む定常、非定常流れ解析
・浮力を無視そた場合と浮力を考慮した場合
・流れ領域内での損傷を受けた部分は、ポロシティで表現した
・面−面間輻射モデルを用いた

要点:

・損傷を受けた燃料棒における熱の評価には、燃料を再補給している間、AGR FUEL STRINGERSの欠落による低確率障害に対する補助解析が必要である。
・伝導や対流、輻射の熱輸送による充分な冷却が可能なことが実証された

結果:

1. ジグザグ型の損傷形状における代表的な流れと温度分布 
2. 損傷した燃料棒に沿った鉛直方向の温度プロファイル(ピンバンドル中の温度ピークは、オーバーラップしたピンバンドルの存在によります。 ) (流れの抵抗が大きく、単位長さ当たりの発熱が増加している) 
3. 低い位置でオーバーラップが生じたスタックに沿った温度プロファイル
より詳細な、研究の報告は、下記を参照して下さい。
PHOENICS Journal, Vol. 6, No. 1, pp 1-55, 1993の
" A Generalised PHOENICS Model for the Prediction of Damaged Fuel Pin Temperatures in Advanced Gas Cooled Reactors"

1. ジグザグ型の損傷形状における代表的な流れと温度分布

2. 損傷した燃料棒に沿った鉛直方向の温度プロファイル

3. 低い位置でオーバーラップが生じたスタックに沿った温度プロファイル

損傷を受けた燃料棒の熱流動解析

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999