トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例 > カットセル機能解析事例カットセルによる物体周りの流れ

カットセルによる物体周りの流れ

計算結果:はじめにNACAが開発した翼形2141(反り率2%、最大反り率40%、翼厚さが翼弦長の14%)についてシミュレーションを行い、風洞実験結果と比較した。計算結果は揚力、抗力ともに風洞実験の結果とほぼ一致していることが確認できた。その後、仮想的に車の車体まわりのシミュレーションを行った。ここで抗力係数は0.14となり風洞実験に近い値を得ることができた。

Figure 1.  NACA2141の計算モデル

Figure 2.  揚力特性

Figure 3.  抗力特性

Figure 4.  試験体

Figure 5.  流線図1

Figure 6.  流線図2

カットセルによる物体周りの流れ

資料提供 オリエンタルモーター様(2003)

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999