トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例非ニュートン流体事例2次元チャンネル流れ(種々の流体)

2次元チャンネル流れ(種々の流体)

概要:

 ・ここでは、長方形ダクト内におけるニュートン流体と非ニュートン流体(べき乗則流体Power-law:dilatant、pseudoplastic)の速度分布を検証
 ・流れは右から左へ、それぞれのケースで圧力、温度、速度を比較している
 ・この流れは実験値とよく一致しており、詳細はインプットライブラリーのcase575を参照

要点:いくつかの乱流モデルが使用され、比較された

結果:以下はIX=1における平面図である。

1. ニュートン流体の圧力コンターと速度ベクトル図

575a.gif (8295 バイト)

2. 非ニュートン流体(dilatant)の圧力コンターと速度ベクトル図

575B.GIF (7947 バイト)

3. 非ニュートン流体(pseudoplastic)の圧力コンターと速度ベクトル図

575C.GIF (8106 バイト)

4. ニュートン流体の温度コンター図

575D.GIF (7735 バイト)

5. 非ニュートン流体(dilatant)の温度コンター図

575E.GIF (6227 バイト)

6. 非ニュートン流体(pseudoplastic)の温度コンター図

575F.GIF (5397 バイト)

考察:

  • 最初のマッハディスクまでの流れは良く予測できた
  • 組み込みの対流項の係数と標準K-εモデルの修正は、より下流まで精度良く予測することを支援する
  • これらの研究はPHOENICSの改良に役立てられた

2次元チャンネル流れ(種々の流体)

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999