トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例乱流事例製薬の"クリーン・ルーム"における空気流れ分布解析

製薬の"クリーン・ルーム"における空気流れ分布解析

目的:CFD解析で、LFU(Laminar Flow Units,通風装置)の設置場所を研究して、薬に汚染されない厳格な要求を確保します。

概要:Cartesian格子数 75000=50*30*50、サイズ 4.95*5.94*2.92m、k-eモデル、浮力を考慮

三つのケース(但し、示した結果はRoom30のみ)でLFUの設定場所により工作室での空気流れ解析結果を比較し、特に空気のある場所における"停留時間"概念を加えて、複雑な換気フローの評価に役立ちます。本研究においては解析結果の評価を中心とされ、実験には触れていません。

  

製薬の"クリーン・ルーム"における空気流れ分布解析

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999