トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例 >乱流事例垂直/短距離離着機ハリアーの地面効果の研究

垂直/短距離離着機ハリアーの地面効果の研究

概要:3次元定常解析、直交格子+ポロシティ(流体占有率)による形状表現

要点:地面付近では上向きの噴流(Fountain Sheet)と地面上を放射状に広がる噴流(Ground Sheet)が生じます。この2つめの流れ(Ground Sheet)は下向きの力を生じ、飛行機の揚力に深刻な影響を及ぼします。 この揚力の減少はCADs(クッション増大装置)とLIDs(揚力改善装置)の使用によって その位置をずらすことができました。

結果: British Aerospace Defence 社のご好意により計算結果の図を下に示します:

1.高度3フィートでの前面図(機体中心部の下にFountainジェット、機体両側の地面上にGroundシートが見られる)

harrier1.gif (8340 バイト)

2.高度3フィートでの側面図

harrier2.gif (10097 バイト)

3.下向きの力の実験との比較

harrier3.gif (6372 バイト)

この計算の詳細は下記の論文で :
- The use of PHOENICS in external V/STOL aerodynamics PHOENICS Journal
- 1991 Vol. 4, Suppl. 1, pp 43-55

垂直/短距離離着機ハリアーの地面効果の研究

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999