トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例非ニュートン流体事例 べき乗則流体の乱流同心円環状流れ

べき乗則流体の乱流同心円環状流れ

目的:

  • この計算の主目的は、同心円空間におけるべき乗則流体の低レイノルズ数乱流モデルと、
    非ニュートン流体モデルの有効性を示すことである

概要:

  • べき乗則流体は、せん断応力が粘性係数Kおよびべき乗指数 nに関連しているため、
    定常的に高粘性のものである
  • n<1 の時、擬似塑性流体(せん断流動化)、n>1 の時、ダイラタント流体(せん断粘稠化)
    となり、n=1 の時はニュートン流体となる
  • そのパラメータを以下にしめす : 
_ Rin : 内側円半径
_ Rout: 外側円半径
_ n : べき乗指数
_ K : 粘性係数
_ Rho : 密度
_ Pump rate

[1,2] Troy Reed and Alex Sas-Jaworsky, "Flow of power law fluids in
eccentric annuli, 4th International Conference on Coiled Tubing
Technology, March 4-7, 1996.
[1]: figure 2. [2]: figure 4.

[3] A. H. P. Skelland, "Non-Newtonian Flow and Heat Transfer",1967 pp 224-225.

[4] Mike R. Malin, "Turbulent pipe flow of power law fluids.", PHOENICS application album, 1996.

結果:

1. 実験データ: 圧力降下 vs PUMP RATE

2. REED CORRELATION: 圧力降下 vs PUMP RATE

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999