トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例鉄鋼・冶金例溶接プロセスにおける熱・毛管流動抵抗および磁気力の効果

溶接プロセスにおける熱・毛管流動抵抗および磁気力の効果

目的:既存溶接プロセスの解析モデルをPHOENICSで実現し、その予測精度をさらに上げること。

概要:MarangoniとLorentz効果を考慮して、熱伝導と対流を含めた熱交換の定常モデルは提案されてきました。この2つの効果について、静止した軸対称溶接プールで調査されました。

PHOENICS2.1.3でこれらの効果をGROUNDで有効に実現し、運動量支配式中、Darcy力、浮力、電磁力を入れられてきました。エネルギー支配式中、金属相変換に関するソースも入れられました。それとともに電磁能式を解かれ、境界で表面張力と熱ソース分布を設定しました。

↑ケース3の結果(電磁DUCTでの流れ計算)

溶接プロセスにおける熱・毛管流動抵抗および磁気力の効果

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999