トップページ熱流体事例 > 機能別及び検証事例鉄鋼・冶金例ガス炉システムの計算

ガス炉システムの計算

概要:操業中の炉内における流れの問題をPHEONICSを用いて解決した。地下ダクト、分配室、プレナム、燃焼室の4つの対象について計算している。

計算仕様:地下ダクト−直交座標系、乱流モデル(標準k‐ε、chen-kim k-ε、RNG k-ε)、定常計算

       分配室−直交座標系、乱流モデル(標準k‐ε、chen-kim k-ε、RNG k-ε)、定常計算

       プレナム−直交座標系、PARSOL、乱流モデル(標準k‐ε、chen-kim k-ε、RNG k-ε)、定常計算

       燃焼室−直交座標系、PARSOL、SCRS燃焼モデル、chen-kim k-ε乱流モデル

ガス炉システムの計算

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999