トップページ熱流体事例分野別事例半導体・燃料電池例64bit Parallel PHOENICSによる自動車外装部品の空力解析

64bit Parallel PHOENICSによる
自動車外装部品の空力解析

解析モデルの特徴
・解析対象:ワイパシステム
  ⇒部品の最小厚さ:0.5mm程度
  ⇒部品間の最小隙:0.5mm程度

・CFDモデルとしての特長
  ⇒広大な解析空間に細かい製品が配置(実車風洞のイメージ)
  ⇒解析内容自体は単純(単層,マッハ数小,化学反応や熱解析不要

・単純な空力解析だが,解析規模(格子数)が非常に大きい


Figure 1. 計算結果(速度コンター図)

Figure 2.計算結果(表面圧力、流線)


計算環境
・ハード
  ⇒4node/4CPU PCクラスタ
  ⇒CPU:Pentium Extream Edition(Dual Core 3.73GHz)
  ⇒メモリ:8GB/node(計32GB)
  ⇒ネットワーク:Gigabit Ethernet(GbE)

・ソフト
  ⇒Windows Compute Cluster Server 2003(Windows CCS)
  ⇒Parallel PHOENICS V3.6.1 Windows 64bit版(世界に先駆けて日本で移植※→現在はV2006にバージョンアップ)

・メリット
  ⇒64bit環境により大規模モデルに対応(ノード内8GBメモリで約2000万格子まで解析可能)
  ⇒MPI並列化性能はUNIX/LINUX環境と遜色なし
  ⇒付属のジョブスケジューラで計算資源を効率的に運用
  ⇒リモートデスクトップ機能により,複数の端末を1台で操作


Figure 3.CPU数と計算時間の関係

Figure 4.解析規模による違い

64bit Parallel PHOENICSによる
自動車外装部品の空力解析

アスモ株式会社 視界機器技術部 大倉 重喜

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999