トップページ熱流体事例分野別事例環境・土木事例単一の暴露状態における3つの異なるタイプの単純な構造物に関する相対的研究

単一の暴露状態における3つの異なるタイプの単純な構造物に関する相対的研究

目的:強風に遭いやすい地域での構造物における風けいげんのための3次元計算

概要:南フロリダの海岸にある低層の立方体ビルに吹き付ける”3秒の突風”台風力風似ついての計算を行った。
このケースでは、単一の暴露状態における3つの異なる条件で建造物周りの圧力分布や風の振る舞いについて研究している。

1)平坦な海岸に置かれた構造物(Scheme1)

2)柱構造の上に置かれた構造物(Scheme2)

3)急斜面の下流側に置かれた建造物(Scheme3)

構造物風上側圧力

単一の暴露状態における3つの異なるタイプの単純な構造物に関する相対的研究

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999